第56話「タイ人は牛肉を食べない」

牛肉が食べたい!

ここタイで牛肉は一般的ではありません。
タイで肉と言えば豚肉か鶏肉の事を指します。
これは仏教の教えに影響があるようで、観光地や市内は別ですが、ほとんどのタイ人は牛肉を食べません。

バンコクの都心部へ行けばスーパーでも牛肉が普通に買えますが、少し郊外へ出ると売っていません。
屋台のお肉もチキン(ガイ)とポーク(モウ)が主流。
私たちが牛肉を食べる機会があるのはせいぜいマクドナルドぐらいでしょうか。
たまに日本人オーナーの食堂へも行きますが「すきやき」が豚肉だったりします。

ですが、郊外でも牛肉が買えない訳ではありません。
タイで牛肉を食べるのは主に観光客とイスラム教徒たちで、郊外でも牛肉を扱うお店は少なからずあります。
イスラム教徒は豚肉を食べません。
なので、イスラムの雑貨品を扱うお店へ行けば、近くのスーパーで牛肉を買うことができるのです。

しかし!

この牛肉が恐ろしく固い…。
スジばっかりでゴム草履を噛んでるような食感。
このマズさが不人気の理由だと感じずにはいられません。
もちろん、日本のような「霜降り肉」は高級店でないと期待できません。

私たちの家の近くに牛肉を扱う屋台がありますが、「大和煮」のような牛肉もまるで「クジラ」のような固さ。
味も濃く、いつまでもクチャクチャとまるでチューインガムです。

それでもたまに食べるとおいしく感じるから不思議。

4月には日本へ一時帰国するので神戸牛に勝るとも劣らない「宮古牛」や「佐賀牛」でも食べてみようっと。

また、女房様が運営する「はなウェブ」へはこちらからどうぞ~↓

ただ今、受注可能です。

私たちが現地で買い付けた商品は、こちらからご覧いただけますのでよろしくです~↓


ランキングにも参加していますので、クリックして頂けますと励みになります!


放浪記 ブログランキングへ


自由人 ブログランキングへ