第54話「タイ人は仕事が大嫌い」

タイ人は仕事嫌い

タイのモールなんかに行くと、店員さんがやたら多いことに気が付きます。
小さなケーキ店や食堂なんかも暇そうな店員さんたちがおしゃべりでくつろいでいます。
商品の棚卸しも携帯でおしゃべりをしながら座り込んでマイペース。

これには理由があるのです。
タイ人の感覚として自分が担当する仕事以外はやらない、レジ係はレジだけ、販売員は販売だけ。
日本だと少人数ですべての仕事をこなしますが、タイ人は少しでも楽をしたいので自分の仕事以外はしません。
日本の企業もタイ人を使うときはこの意識ギャップに戸惑うようです。

特に高学歴の人材を使う際は注意が必要。
簡単な作業などを指示すると、「そんなのはアルバイトにさせればいいでしょ!」と怒り出します。
大学を出たのに、何でそんなことをせねばならないのか?
これがタイ人の仕事意識なのです。

タイでは大学を出て就職すると、いきなり課長クラスの待遇で採用されたりします。
日本ではあり得ない話。
超学歴社会の姿がここにはあります。



これはタイ在住の日本人に聞いた話ですが、タイでは転職が当たり前。
これはスキルアップの意味合いもありますが、多くのタイ人は「仕事が飽きた、つまらない」というのが最大の理由だとか。
オーナーも「そうか、仕事がつまらなくなったんじゃ仕方ないなぁ…」とか言って納得してたりします。

いかにも南国らしい、おおらかというか、キツイ仕事はやらない、余計な仕事はやらない、定時で退社、これがタイ人の仕事意識なのです。
建設現場で働く人たちは、ほぼ出稼ぎの外国人、主にミャンマー人やカンボジア人などが多いようで、賃金も恐ろしく安いと言います。

ちなみに、マクドナルドの店員さんなどはタイ人にとってステータスであり、人気の仕事先であるとか…。
日本では学生さんのアルバイトが中心の仕事もタイではステータス。
その大きな理由は「冷房の中で仕事ができるから」…。

また、女房様が運営する「はなウェブ」へはこちらからどうぞ~↓

ただ今、受注可能です。

私たちが現地で買い付けた商品は、こちらからご覧いただけますのでよろしくです~↓


ランキングにも参加していますので、クリックして頂けますと励みになります!


放浪記 ブログランキングへ


自由人 ブログランキングへ