第53話「タイの七不思議」


タイでびっくりしたこと

・夕方6時に人は石化する
朝の8時と夕方6時、この時間になるとどこからともなくスピーカーから音楽が流れ、人々が立ち止まり動かなくなります。
バイクも車も停止。
なんだ?…何があった??…ひょっとして時間が止まった???
実はこれ、王様に対して敬意の意を示す行動なのです。
始めて観た時はびっくりしました。

・「バンコク」は英語表記で、正式名称は違う名前である
バンコクの正式名称は
「クルンテープマハナコーン アモーンラッタナコーシン マヒンタラーアユタヤー マハーディロッカポップ ノッパラットラーチャターニーブリーロム ウドムラーチャニウェートマハーサターン アモーンピーマンアワターンサティット サッカタットティヤウィッサヌカムプラシット」…もちろん、タイ国民でも覚えている人は少数(笑)

・偽のお坊さんがいる!
タイのお坊さんは格式が高く、バスやタクシーもタダです。
そのうえ、国民がお坊さんに食べ物を差し出すこともあり、その特権を利用しようと偽のお坊さんに成りすます輩がいます。
タイのお坊さんは女性に触れてはいけませんし、結婚もしません。
女性に触れてしまうとそれまでに積み上げてきた徳がすべて無効となるのです。
なので、女性に声を掛けてくるお坊さんは100%偽者。
オカマやゲイが多いのもこの辺に理由があるのかも…。

・外国人料金がある
テーマパークの入場料や寺院の入場料、博物館の入場料は一律かと思いきや、外国人は割増し料金。
これは「外国人に見せてやっている」という感覚だそうで、タイ人からはお金を取りません。
タイ人は「外国人はお金持ち、だからお金をボッたくってもよい」という意識があるようです。
特に日本人に対してはタクシーでも倍額の値段を吹っかけてきます。
しかし、それは文化なので私たちも半分諦め気味。
っていうか、私たちはフィリピン人とよく間違われます…。
なので、あまりボラれた事はありません。
これってどうよ…(?)

以上、タイでびっくりした七不思議でした。

また、女房様が運営する「はなウェブ」へはこちらからどうぞ~↓

ただ今、受注可能です。

私たちが現地で買い付けた商品は、こちらからご覧いただけますのでよろしくです~↓


ランキングにも参加していますので、クリックして頂けますと励みになります!


放浪記 ブログランキングへ


自由人 ブログランキングへ