第51話「東南アジアの衛生面」

タイの屋台は安全?

私たちはいつも屋台で売られている食べ物を食べています。
チキンや豚串、総菜などはほぼ屋台で買います。
観光客は屋台の食べ物を敬遠しがちですが、本当に危ないのでしょうか?

結果的に言えば、10ヶ月間をほぼ屋台の食べ物で過ごしている私たちが大丈夫ですから、危険は少ないと言ってよいでしょうね。
しかし、衛生面で不安が残るのは仕方のないところ。

むき出しの総菜にはハエがたかっていますし、屋台のすぐ前は混雑した道路、排気ガスも気になります。
食器は汲み置きしたバケツの水で洗い、夜はドブネズミがウロチョロ。
そんな食堂で飯を食う、日本人の感覚ではかなりの抵抗があります。

じゃあ高級料理店はどうなのか?
屋台の隣にある高級料理店、そこでもゴキちゃんがウロチョロ。
裏へ回れば汚いキッチンで泥水のような水で食器を洗っています。
外装がいくらキレイでも裏へ回れば一緒。

昔、日本でもマクドナルドのチキンナゲットが食中毒かなんかで問題になりましたよね。
あれはタイで調理されたチキンです。
そんな食風土、文化ですから我々が注意するしか対処法はありません。

私たちが屋台で食べ物を買う際、お客さんが多い屋台、手袋と帽子を付けている人がいる屋台、あとは人柄で選びます。
汚いおっさんが手づかみで調理している屋台はスルー。
たまにお腹が痛くなりますが、これは冷房による寝冷えが主な原因。
年中、常夏ですから夏バテもありますね。

タイは外食中心の食文化で、部屋を借りてもガスなどはほぼありません。
せいぜいコーヒーを沸かす程度でしょうか。

衛生面では問題のあるタイですが、ちゃんと過熱して、目の前で焼いてくれるのでいつも暖かいものが食べれます。
毎日がお祭りの縁日のようで、これがないとタイではありませんね!

また、女房様が運営する「はなウェブ」へはこちらからどうぞ~↓

ただ今、受注可能です。

私たちが現地で買い付けた商品は、こちらからご覧いただけますのでよろしくです~↓

ランキングにも参加していますので、クリックして頂けますと励みになります!


放浪記 ブログランキングへ


自由人 ブログランキングへ