第4話「所持金5万円と熊本大震災」

 

熊本大震災で渡航予定が延期になる

あの大震災では震度7クラスが2度も熊本の街を襲いました。
熊本市内の平成町では両親の住む集合住宅が全壊、壁に大きな穴が開いて家具も総崩れ、阪神淡路大震災を神戸市中央区で経験した私にとって、震災の恐怖は今も脳裏に焼き付いています。

福岡から熊本へ行こうにも道路が寸断され身動きが取れません。
両親も車の中で寝起きしていました。

幸い両親にケガはなく住む場所もすぐに見つかり、海外へ行く事を告げて最後の別れをしました。

もう日本には戻らない、その決意が私たち夫婦にはありましたし、迷いや不安すらもありません。
そして私が生まれ育った街、神戸へ夫婦で旅行し、大阪の街も楽しんでいざ出発!

こう書けば美談なのでしょうが、この後がいけない…。

私は渡航費用を増やそうと熱心に通った先がパチンコ店…。
その結果、手元に残った所持金の総額が約5万円…。
女房は大激怒、それでも二人に迷いはありませんでした。

その5万円を握りしめ、旅立った先がタイのバンコク。
今の女房には迷惑のかけっぱなしで頭が下がることしきり。
それでも似た者同士の二人です。
この二人で歩む限りどんな困難にでも打ち勝てる、その信頼関係が大喧嘩をしても許し合える秘訣だったりします。


そんなこんなで、まずは東南アジアから世界を周ろう、理想の定住先を見つけ、お金を貯めて、永住権を得て老後をのんびり暮らそう…考えることだけはイッチョ前ですネ(笑)

いよいよ海外移住の第1歩が始まったのです!

また、女房様が運営する「はなウェブ」へはこちらからどうぞ~↓

ただ今、受注可能です。

私たちが現地で買い付けた商品は、こちらからご覧いただけますのでよろしくです~↓

ランキングにも参加していますので、クリックして頂けますと励みになります!


放浪記 ブログランキングへ


自由人 ブログランキングへ