第39話「入国審査で怪しまれる」

空港で怪しまれる

私たちが渡航したのは2016年の5月、それから約10か月間に渡りタイを中心に周辺諸国を周ってきました。

日本

タイ(バンコク)

ラオス(ルアンパバーン)

タイ(バンコク)

カンボジア(シアヌークビル、シェムリアップ、コンローンサレム)

タイ(バンコク)

マレーシア(ペナン)

タイ(バンコク)

ベトナム(ホーチミン)

タイ(バンコク)

日本(予定)

タイへはかれこれ5回目の入国、10ヶ月間で5回も出入国を繰り返すとさすがに怪しまれます…。
日本人はビザなしで1ヶ月間、滞在できるのですが、その制度を利用して1か月ごとに出入国を繰り返す輩が後を絶ちません。
周辺諸国に2~3日ほど滞在してすぐタイへ戻る、つまり、タイに住んで不法労働をしている訳ですね。
そのような輩を排除するため、ビザなしでの出入国は2回までと厳しくなったのです。

私たちは2ヶ月間のビザをきちんと取得してから入国しますが、それでも10か月間で5回目はさすがに怪しまれます。
実際、三味線の路上演奏や買い付け販売で生活費を捻出してますからね…(笑)

空港では色々と聞かれました。

「仕事は何をしてるんだ?」
フリーランス…。

「どうやって生活費を稼いでいるんだ?」
インターネット…。


「住んでる場所は?」
ラムカムヘン地区…。

「何で市内中心部に住まないんだ?」
市内は家賃が高いから…。

入出国管理局の空港職員は眉をしかめて

「う~ん…」

と頭を抱えています。

しかし、ベトナムでビザをきちんと取得していること、それが功を奏し預金の残高確認はされませんでした。
その代わり、パスポートに何やらボールペンで書かれています。
いつもはスタンプなのですが、これは「要注意人物」と言うことかもしれません。

もし三味線を弾きに行って警察官に注意され、パスポートの提示を求められたら…アウトですね…。
タイは慣れて便利なんだけど、この先1年ぐらいは間をあけないと…。

また、女房様が運営する「はなウェブ」へはこちらからどうぞ~↓

ただ今、受注可能です。

私たちが現地で買い付けた商品は、こちらからご覧いただけますのでよろしくです~↓

ランキングにも参加していますので、クリックして頂けますと励みになります!


放浪記 ブログランキングへ


自由人 ブログランキングへ