第21話「異国でアパートを借りる」

タイでアパートを借りる

私たちがタイのバンコクへ来たのは平成28年の5月。
2ヶ月間のパスポートビザが切れ、更に1か月間延長しても3ヶ月間しか滞在できません。
一度、国外へ出る必要があります。


(写真はイミグレーションオフィス)

しばらくは東南アジアをウロウロしよう、そう考えた私たちはタイを拠点に周辺国を旅しようと決めました。
東南アジアをウロウロするならどこへ行くにもタイは便利ですからね。

他の東南アジア諸国よりタイは経済的に豊かで便利、バンコク市内に限れば、その賑やかさは日本の都市とさほど変わりません。
むしろ福岡の天神や神戸の三宮よりずっと都会です。
大阪の道頓堀と梅田近辺を足したより規模は大きいように感じます。


(バンコク市内は賑やか)

タイへ来て最初の半年間はホテル暮らし。
ツインの2人部屋でエアコン付き、アメニティーも毎日、取り替えてくれて1泊450バーツ(約1350円)程度。
ホテルといってもゲストハウスですね。

私たちがタイで泊まったゲストハウスは以下の5か所、いずれもバンコク市内です。

・MDゲストハウス(ラムカムヘン地区)

ツイン1泊450バーツ(約1350円)
家族経営でスタッフが気さく、Wi-Fiがしっかりしていてアメニティーも充実。
ただ掃除が汚い。

・ラッキーハウス(カオサン通り)

ツイン1泊450バーツ(約1350円)
裏にムエタイ道場がありやかましい。
エアコンは壊れるし壁は薄いしWi-Fiは毎日変わる、2度と泊まりません!

・ハッピーランドマンション(バンカピ地区)

ツイン1泊490バーツ(約1600円)
泊まった部屋が14階にも関わらず蚊と蠅が毎日侵入。
Wi-Fiが繋がりにくく、近くはバスの廃車置き場で、なにやらスラム街の様相。

・NRゲストハウス(ラップラオ地区)

ツイン1泊380バーツ(約1300円)
スタッフは親切で掃除も丁寧だが部屋は狭い。
目の前に汚い川が流れており臭い。
近くに屋台やスーパーがなく不便。

・BBゲストハウス(ラジャマンガラ・スタジアム近辺)

ツイン1泊490バーツ(約1600円)
スタッフは気さくで一生懸命、申し分なし!
近くに屋台やナイトマーケットもあるが、朝食付きと書いてあるにも関わらずビスケットとクッキーだけだったのが残念。

そして今のアパートを借りて落ち着く訳ですが、その詳細は次回にて。

また、女房様が運営する「はなウェブ」へはこちらからどうぞ~↓

ただ今、受注可能です。

私たちが現地で買い付けた商品は、こちらからご覧いただけますのでよろしくです~↓

ランキングにも参加していますので、クリックして頂けますと励みになります!


放浪記 ブログランキングへ


自由人 ブログランキングへ