魅惑の南国フルーツ

2018年2月20日

今が旬の南国フルーツたち!

東南アジアを漫遊中に出会った日本ではめったにお目に掛かれない南国フルーツたち、今の時期が旬の南国フルーツをいくつかご紹介いたします。

まずは「レンプ」

日本名「フトモモ」、英語で「レンプ」、タイでは「チョンボー」と言うらしいです。
味は梨に近い感じ。
食感が独特で、例えるなら少し柔らかいセロリ…不思議な食感です…。
私的にはこの果物が一番のお気に入り!

「マンゴー」

これはもう南国フルーツの代表格ですね!
東南アジアでは1年中、見掛ける果物ですが、今の時期4月から5月にかけてが最も旬で甘いです。
黄色いマンゴーと青いマンゴーの2種類があり、黄色いのは特に甘いです!

「ロンコン」

この果物はこれからが旬になります。
見た目は小さなジャガイモですが、味はブドウとキンカンを足したような感じ。
爽やかな甘さで美味しいです!

「ドリアン」

ご存知、南国フルーツの王様!
この匂いが好きな人にはたまらないと言います。
私的には苦手な匂いですが、味は濃厚でカスタードクリームのような感じ。
ドリアンを手にタクシーやバスに乗ると怒られます!

他にも日本では見かけないフルーツが盛りだくさん!
どれも甘く、安く美味しい!!

日本では10倍以上の値段になるんだろうなぁ…。

また、女房様が運営する「はなウェブ」へはこちらからどうぞ~↓

ただ今、受注可能です。

私たちが現地で買い付けた商品は、こちらからご覧いただけますのでよろしくです~↓


ランキングにも参加していますので、クリックして頂けますと励みになります!


放浪記 ブログランキングへ


自由人 ブログランキングへ