タイの警察官はアルバイトに大忙し!

タイ警察は国民からバカにされ、忌み嫌われている存在だと言えます。
その理由は弱者を捕まえ富裕層から賄賂をもらい、愛人を囲って借金も多いから。
これでよく警察官が務まるなぁ、そう感じずにはいられませんが、国が変われば価値観も変わるのが海外生活の面白いところ。


まず、タイの警察官が本当に安月給かどうか調べてみました。
公務員の平均月収が日本円で約16万円、これってどうなの?と感じますが、日本の価値にすれば約50万円程度、平均給与と考えればそれほど安くもありません。
しかし、下級警察官の給料は…月に約8万円程度、これは安いと言わざるを得ませんね。

公務員の平均給料というものは上官を含めた総所得額の平均ですから、一般の警察官はやはり低いようです。
何故、給料が低いのかは分かりませんが、その代わりにアルバイトが許されています。
警察官が制服を着たままレストランのウェイターをしているのには閉口。
タクシーの運転手もたまに警察官がいます。

そして、警察官は不規則な勤務体制ですから愛人を囲っているケースが多いとか。
というのも、妻や家族に「仕事だ」と言い訳ができる訳ですね。
そして女性に貢ぐためにお金を使い、いつも借金に追われてアルバイトにいそしむ警察官、日本人の感覚だとちょっと許せない感じがします。

いつも夕暮れ時になれば道端に立って車を検挙する警察官、それを人々は「夕飯代を稼いでいる」と言っています。
そんな警察官が子供のあこがれる職業で第2位にランクされているから不思議。
知人にそのことを訪ねてみたところ、「悪い事をしても捕まらないから」というのが主な理由だとか…嗚呼…

こんなことを書いたんじゃタイ警察官の写真は載せられないね(笑)
なので、今回は写真なしで。
アイキャッチ画像の写真はタイ警察を言い表す言葉として使用しました。

また、女房様が運営する「はなウェブ」へはこちらからどうぞ~↓

ただ今、受注可能です。

私たちが現地で買い付けた商品は、こちらからご覧いただけますのでよろしくです~↓


ランキングにも参加していますので、クリックして頂けますと励みになります!


放浪記 ブログランキングへ


自由人 ブログランキングへ