日本で売れたタイ雑貨のまとめ

2018年2月20日

よく売れるタイ雑貨とは?

ヤフオクやネットでタイ雑貨を販売、その中で特に売れ行きが良かったもの、悪かったものをまとめてみました。

まず、最もよく売れた商品は…

Tシャツ

タイではプリントTシャツが100バーツ(約300円)程度で売られていますから、これを20枚、30枚と日本へ送れば利益になります。
送料が5キロで5500円も掛かりますので、そんなに利益が出るものではありませんが。
1000円で売れば約3分の1が利益になりますね。

次に売れたのが…

バッグ類

これもタイでは100バーツから400バーツで売られています。
デザインも多種多様で出来もなかなかのものです。
小型のショルダーポーチなどは可愛いのが揃っています。
オリエントな柄のバッグなどもよく売れました。
私は日本の知人に利益の20%を支払うことで仲介をお願いしていますが、観光なら自分で持ち帰ると経費が安く済みますね。

次は…

銀製品と宝飾品

タイは言わずと知れた銀の産出国。
日本に出回る銀製品の約99%がタイ製品だとか…。
バングルやネックレス、ターコイズやルビーなど、これも日本より3分の1程度、安く買えちゃいます。

以上の点で注意することは、日本円で決済し、VISAカードを使ってタイバーツを卸した場合、手数料として220バーツ、その他に卸した金額の約9%が手数料として持って行かれます。
なので、5万円分をタイバーツで1600バーツおろした場合、約4700円近くが手数料として消えます…。
これには注意が必要です。


そして、私たちも経験しましたが、タイのATMは現金が出てこないこともしばしば…。
これで約1万円分を損したことがあります。
タイの銀行やVISAにも問い合わせましたが、結局、お金は戻らず。
女房はATMを見るたび、いまだに睨みつけています(笑)
これが何十万単位だとシャレになりません。

VISAカードに入っている日本円で買い物をすると手数料が取られないのでお得なんですが、大きなデパートでしか買い物が出来ません。
私たちのようにナイトマーケットや近所の屋台、食堂なんかで日々の生活をするにはバーツが必要になります。
家賃も現金払いですしね。

この手数料を回避し、効率よくタイバーツを得る手段について、商品券や回数券を購入して売却し現金化する、そんなことも考えましたがタイにはないんですよね…そのような金券ショップが…。

なので、タイバーツを卸す際、いつも損した気分で卸しています…。