日本でも日銭は稼げる

2018年2月20日

日銭大国、日本!

日本で手っ取り早く日銭を稼ごうと考えた場合、まずはアルバイト、日雇い、路上で楽器演奏、他にはガレージセールの出店や大道芸…アナログ的な手段としてはこれぐらいでしょうか。
私のように公園の「ムカゴ」を摘んでヤフオクで売る(これがよく売れたし)、近所の農家へ出向いて出荷できない形崩れの野菜を安く仕入れ、無人販売小屋を国道沿いに置いて売る、そんな手段もあるかと思います(笑)

川沿いの土手で採取した草花を摘んで鉢に入れてバザーで売ったり、流木なども水槽と川の小石とをセットにしてヤフオクに出品したり…。
こうやって考えれば日本でも日銭ぐらいは楽に稼げますね(笑)

今だから白状しますが、約20年ほど前、粗大ゴミの中から**万円を拾ったことがあります。
軽自動車の新品が買えるほどの大金です。
それからしばらくは「粗大ゴミ巡り」に奔走。
古いカメラが5万7千円で買い取られたり、引っ越しの際に廃棄された家電や家具など、これも高価で売れました。
よく捨てられていたのがHないかがわしいビデオテープ。
近所の中古ビデオ屋さんで100本1万円で売りさばけました…(悪)
当時はまだVHSテープの時代でしたね。

しかし今はヤフオクやガレージセールなどが盛んですから、高価なものは捨てられず利益は少ないでしょう。
あとは高速バスの回数券をネットでバラ売りしたり、古着屋さんで目利きして仕入れた服をネットで売ったり…。

こんなこと書いていいのかな…(笑)

あくまでも副業なんですが、それでも多い時で月に20万円はあったでしょうか…。
いま考えればいい時代でした。

余談ですが、大阪の西成では朝の4時ごろから「泥棒市」が開かれています。
今でも細々とあるようです。
ここでは三味線の撥が400円、釣り竿が100円など、とんでもなく安い値段で売られてたりします。
というのも、ネットを扱わないホームレスの人たちが拾った物や盗んだ物を路上に並べて売っている訳ですから、その価値が分からないんですね。

私はアンティークな火縄銃のモデルガンを1000円で購入。
ヤフオクで7万円の価格が付きました!
双眼鏡や野球グローブも500円で購入、2500円で売れたし。

さすが日本のアジア大阪。
今でも大阪の西成ならヤフオクだけで食べて行ける自信があります!
ガレージセールで掘り出し物を見つけるのも楽しいですよね!

4月に日本へ帰る際、大阪の西成にも立ち寄ってみようっと!

また、女房様が運営する「はなウェブ」へはこちらからどうぞ~↓

ただ今、受注可能です。

私たちが現地で買い付けた商品は、こちらからご覧いただけますのでよろしくです~↓


ランキングにも参加していますので、クリックして頂けますと励みになります!


放浪記 ブログランキングへ


自由人 ブログランキングへ