カンボジアの治安について

2018年2月20日

カンボジアの観光地はデンジャラス!

タイやラオスでもそうですが、トゥクトゥクの運ちゃんは気が荒い事で有名です。
日本で言うところのチンピラ風。

座席の下には必ず銃や刃物を忍ばせていますし、銃口を頭に向けられて身ぐるみはがされた観光客もいます。
カンボジア人の風習として、人前で大声で怒鳴るような侮辱はご法度。
口げんかで運ちゃん相手に大声で言い返そうものなら…最悪の場合、刺されます。

そのような事件はよくある話で、死体を山に埋められでもしたら事件にすらなりません。
ここでは自分の行いがそのまま「死」に直結するのです。
日本の口だけヤクザなどは一人じゃ必ず殺されますね。


カンボジアではトゥクトゥクの運ちゃんや、ナイトマーケットの店員さんたちがしつこいぐらいにまとわりついてきますが、決して怒鳴ったり相手を侮辱するような行為を示してはいけません。
プライドが傷つけられることを最も侮辱だとする国民性がカンボジア人なのです。
手で「シッシッ!」などと追い払うようなしぐさをしただけで最悪、刺されます。

これは決して大げさに述べてはいません。
彼ら、カンボジア人のプライドはそれぐらい高いのです。

タイでもそのような傾向はありますが、よくよく考えると、他人を大声で怒鳴りつける光景は誰が見ても気持ちのよいものではありませんよね。

我々は特に外国人ですから私一人の責任ではなくなります。
私の行いで「日本人は…」というとらえ方をされますので考えて行動せねばなりません。

ゴミはちゃんと持ち帰る、笑顔で挨拶、相手を見下さない、これが出来ない人は無人島へ行けって話。

人間は人種、環境、風土が違っても考える根本は一緒、海外を周ってそれを強く感じた今日この頃です。

また、女房様が運営する「はなウェブ」へはこちらからどうぞ~↓

ただ今、受注可能です。

私たちが現地で買い付けた商品は、こちらからご覧いただけますのでよろしくです~↓

ランキングにも参加していますので、クリックして頂けますと励みになります!


放浪記 ブログランキングへ


自由人 ブログランキングへ